秋の季語「蓑虫(みのむし)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「蓑虫(みのむし)」の解説

蓑虫(ミノムシ)は、樹木の葉や枝を体から分泌した糸で綴り、雨具の蓑のような巣の中に潜むガの幼虫のことをいいます。鬼の子とも蓑虫はいいます。

秋の季語「蓑虫(みのむし)子季語・関連季語・傍題・類語など

鬼の子(おにのこ)/鬼の捨子(おにのすてご)/みなし子(みなしご)/親無子(おやなしご)/木樵虫(きこりむし)/蓑虫鳴く(みのむしなく)

秋の季語「蓑虫(みのむし)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事