秋の季語「菊の着綿(きくのきせわた)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「菊の着綿(きくのきせわた)」の解説

菊の着綿は、重陽の節句の陰暦の九月九日の行事のことをいいます。綿で菊の花を夜に覆って、体を菊の露や菊の香を移しとった綿でぬぐって長生きを願いました。

秋の季語「菊の着綿(きくのきせわた)子季語・関連季語・傍題・類語など

菊の綿(きくのわた)/菊の染綿(きくのそめわた)

秋の季語「菊の着綿(きくのきせわた)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事