きれじをもちいないきれ・切字を用いない切れ【超初心者向け俳句百科ハイクロペディア/蜂谷一人】

切れは切字を用いずに作ることもできます。例えば句の途中に動詞や形容詞の終止形を用いるとそこで切れます。

暖かし猫につきたる子の刈毛   田川飛旅子

暖かしは形容詞の終止形。暖かしと猫の間で切れることになります。
また名詞+名詞のかたちが現れたらその間が切れになります。

ところてん煙のごとく沈み居り   日野草城

ところてんは名詞。煙も名詞ですからところてんと煙の間で切れるのです。

 

プロフィール
蜂谷一人
1954年岡山市生まれ。俳人、画人、TVプロデューサー。「いつき組」「街」「玉藻」所属。第三十一回俳壇賞受賞。句集に「プラネタリウムの夜」「青でなくブルー」

公式サイト:http://miruhaiku.com/top.html

おすすめの記事