夏の季語「雷(かみなり)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「雷(かみなり)の解説

雷は、積乱雲の中などで放電現象が雲と地上、雲と雲の間で発生したものです。雷鳴が、電光の走った後に轟きます。雷の遠近については、音と光の時間差でわかります。

夏の季語「雷(かみなり)子季語・関連季語・傍題・類語など

雷電(らいでん)/雷鳴(らいめい)/雷声(らいせい)/雷響(らいきょう)/雷雨(らいう)/鳴神(なるかみ)/いかずち/はたたがみ/雷霆(らいてい)/激雷(げきらい)/遠雷(えんらい)/軽雷(けいらい)/迅雷(じんらい)/疾雷(しつらい)/日雷(ひがみなり)/落雷(らくらい)/雷火(らいか)/雷神(らいじん)/雷鼓(らいこ)/はたたく

夏の季語「雷(かみなり)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事