しょうりゃく・省略【超初心者向け俳句百科ハイクロペディア/蜂谷一人】

俳句は短い詩ですから、不要な言葉をいれる余裕はありません。

木の芽雨列車の音の遠くあり   武井壮

かつて「俳句さく咲く!」で武井壮さんが詠んだ句です。この句の「あり」が不要と櫂未知子さんに指摘され、次のように添削されました。

木の芽雨列車の音の遠きこと

なるほど、これなら「あり」を省略してさらに「音の遠さ」を強調できます。櫂さんによれば大抵の「あり」は省略できるとのこと。「あり」のほかに「見る」も要注意ワード。もしもあなたの句に「あり」や「見る」があったら、それを省けるかどうかまず検討してみてください。

 

プロフィール
蜂谷一人
1954年岡山市生まれ。俳人、画人、TVプロデューサー。「いつき組」「街」「玉藻」所属。第三十一回俳壇賞受賞。句集に「プラネタリウムの夜」「青でなくブルー」

公式サイト:http://miruhaiku.com/top.html

おすすめの記事