秋の季語「秋の蚊(あきのか)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「秋の蚊(あきのか)」の解説

秋の蚊は、秋が深くなり、気温も低くなって、幾分動きが鈍くなった蚊のことをいいます。蚊の羽音さえも、気のせいか弱々しく感じるようになります。

秋の季語「秋の蚊(あきのか)子季語・関連季語・傍題・類語など

別れ蚊(わかれか)/残る蚊(のこるか)/蚊の名残(かのなごり)/後れ蚊(おくれか)

秋の季語「秋の蚊(あきのか)を使った俳句一覧

  • 秋の蚊や吹けば吹かれてまのあたり / 飯田蛇笏

秋の季語一覧



おすすめの記事