石橋秀野の俳句




石橋秀野の俳句一覧

  • 春寒や燭にまむかふ顔三つ
  • 春暁の我が吐くものの光り澄む

未分類

  • あたたかやむかし一文菓子うまし
  • しまひ花火窓流行歌ぶちまけて
  • とびからす病者に啼いて梅雨寒し
  • ひとかゝへ濯ぐより蟬鳴きはじめ
  • ひるの蚊の打ち得ぬまでになりにけり
  • ゆく秋やふくみて水のやはらかき
  • 下萌やあしたゆふべを端折着
  • 傘さげて使ひあるきや曼珠沙華
  • 卯の花腐(くだ)し寢嵩(ねかさ)うすれてゆくばかり
  • 大夕燒惡寒(をかん)に鳴らす齒二十枚
  • 大夕燒消えなば夫(つま)の歸るべし
  • 大寒の殘る夕日を市の中
  • 妻なしに似て四十なる白絣
  • 新じやがや子をすかす喉すでに嗄れ
  • 柳絮(りうじよ)とぶや夜に日に咳いてあはれなり
  • 梅雨じめり痩せ骨三月(みつき)よこたへて
  • 梅雨の雷子にタン壺をあてがはれ
  • 梳(くしけづ)る必死の指に梅雨晴間
  • 汗と涙こも?黄黄こぼし合掌す
  • 火のやうな月の出花火打ち終る
  • 烏賊(いか)食(は)めば隠岐や吹雪と暮るるらん
  • 熱出しの廿日あまりに花了る
  • 片よせて宵寢の雨戸夜の秋
  • 病み呆(ほ)けて泣けば卯の花腐(くだ)しかな
  • 短夜の看とり給ふも縁(えにし)かな
  • 立雛にすがるの腰のなかりけり
  • 緑なす松や金欲し命欲し
  • 芋煮えてひもじきままの子の寝顔
  • 菊火照り英霊かへる街せはし
  • 蟬時雨子は担送車に追ひつけず
  • 蟬時雨子は擔送車に追ひつけず
  • 衣更鼻たれ餓鬼のよく育つ
  • 裸子をひとり得しのみ禮拜す
  • 西日照りいのち無惨にありにけり
  • 遠花火とりすがれるは夕布團
  • 門柳鬼ごとあそび暮れて猶
  • 風花(かぜはな)や傘に澁刷(は)く小手のさき
  • 鮎打つや石見(いはみ)も果ての山幾つ
  • 曼珠沙華消えてしまひし野面かな
  • 短夜の看護り給ふも縁(えにし)かな
  • 蝉時雨子は担送車に追ひつけず
  • 星降るや秋刀魚の脂燃えたぎる
  • 薫風に膝たゞすさへ夢なれや
  • 鐘鳴れば秋はなやかに傘のうち

石橋秀野 プロフィール

石橋 秀野(いしばし ひでの、1909年2月19日-1947年9月26日)



おすすめの記事