冬の季語「冬至粥(とうじがゆ)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「冬至粥(とうじがゆ)の解説

冬至粥は、冬至の日に小豆粥を食べることをいいます。言い伝えとして、柚子湯に冬至の日に入ったり、南瓜や粥を食べたりすれば病気にならないということがあります。

冬の季語「冬至粥(とうじがゆ)子季語・関連季語・傍題・類語など

赤柏(あからがしわ)/赤豆の粥(あずきのかゆ)/冬至南瓜(とうじかぼちゃ)/冬至蒟蒻(とうじこんにゃく)/冬至餅(とうじもち)

の季語「冬至粥(とうじがゆ)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事