冬の季語「蕪(かぶ)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「蕪(かぶ)の解説

蕪(カブ)は、かぶらともいうアブラナ科の一年草、二年草の冬菜のことをいいます。形としては偏円形、長形、円形のものがあり、色としては青み、白、赤などがあります。

冬の季語「蕪(かぶ)子季語・関連季語・傍題・類語など

すずな/かぶらな/据り蕪(すわりかぶ)/近江蕪(おうみかぶ)/聖護院蕪(しょうごいんかぶ)/尾張蕪(おわりかぶ)/天王寺蕪(てんのうじかぶ)/日野蕪(ひのかぶ)/寄居蕪(よりいかぶ)/津田蕪(つたかぶ)/博多蕪(はかたかぶ)/温海蕪(あつみかぶ)/小蕪(こかぶ)/大野赤蕪(おおのあかかぶ)/伊予緋蕪(いよひかぶ)/矢島蕪(やじまかぶ)/万木蕪(ゆるぎかぶ)/蛭口蕪(ひるくちかぶ)/赤蕪(あかかぶ)/緋蕪(ひかぶ)/黄色蕪(きいろかぶ)/スウェーデン蕪(すうぇーでんかぶ)/大蕪(おおかぶ)/蕪菁(かぶら)/かぶら引く(かぶらひく)/かぶら干す(かぶらほす)/干蕪(ほしかぶ)

の季語「蕪(かぶ)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事