冬の季語「狐(きつね)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「狐(きつね)の解説

狐(キツネ)は、種によって二十四センチ~百二十センチのいろいろな体長で、ネコ目イヌ科キツネ属など四属の哺乳類のことをいいます。

冬の季語「狐(きつね)子季語・関連季語・傍題・類語など

赤狐(あかぎつね)/黒狐(くろぎつね)/銀狐(ぎんぎつね)/白狐(しろぎつね)/十字狐(じゅうじぎつね)/北狐(きたきつね)/北極狐(ほっきょくぎつね)/千島狐(ちしまぎつね)/寒狐(かんぎつね)/狐塚(きつねづか)

の季語「狐(きつね)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事