秋の季語「鹿(しか)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「鹿(しか)」の解説

鹿(シカ)は、秋の季語で、妻を求めて秋に鳴く声には哀愁があります。畑を野生の鹿は荒らすため、鹿垣を設えたり、わなを仕掛けたりします。

秋の季語「鹿(しか)子季語・関連季語・傍題・類語など

牡鹿(おじか)/牝鹿(めじか)/鹿の声(しかのこえ)/鹿鳴く(しかなく)/妻恋う鹿(つまこうしか)/鹿の妻(しかのつま)/小牡鹿(さおしか)/友鹿(ともじか)/夜の鹿(よるのしか)/しし/かのしし/神鹿(しんろく)

秋の季語「鹿(しか)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事