秋の季語「蟋蟀(こおろぎ)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「蟋蟀(こおろぎ)」の解説

蟋蟀(コオロギ)は、身近な草地や家の片隅、暗いところなどで鳴く、主に黒褐色をしている秋の虫のことをいいます。蟋蟀の鳴き声を聞けば、しみじみと秋の風情が感じられます。

秋の季語「蟋蟀(こおろぎ)子季語・関連季語・傍題・類語など

つづれさせ蟋蟀(つづれさせこおろぎ)/姫蟋蟀(ひめこおろぎ)/大和蟋蟀(やまとこおろぎ)/東京蟋蟀(とうきょうこおろぎ)/つづれさせ/つづりさせ/えんま蟋蟀(えんまこおろぎ)/油蟋蟀(あぶらこおろぎ)/三角蟋蟀(みつかどこおろぎ)/おかめ蟋蟀(おかめこおろぎ)/ちちろ虫(ちちろむし)/ちちろ/筆津虫(ふでつむし)/ころころ

秋の季語「蟋蟀(こおろぎ)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事