たんか・短歌【超初心者向け俳句百科ハイクロペディア/蜂谷一人】

短歌と俳句はともに短詩形文学と呼ばれるジャンルに属していますが、内容は野球とサッカーほど違います。短歌はご承知のように五七五七七。俳句は五七五。七七が違うだけのように見えますが、それだけではありません。短歌は自分の内面を歌い俳句は外側を歌う。ベクトルが真逆なのです。

試みに短歌の会と俳句の会の両方に出席してみてください。短歌の会は比較的静かに行われますが、作品の批評は細部にわたり時に辛辣です。一方、俳句の会は賑やかで、批評はあまりせず作品をよく褒めます。歌人は華やかで色っぽい雰囲気の方が多く、俳人は楽天的でさっぱりした方が多いように感じられます。恋人にするなら歌人、友人にするなら俳人。短歌、俳句を続けるうちにそれぞれに見合った性格に変わってゆくのでしょうか。長年やっているうちに、職人は職人らしく、おたくはおたくっぽく、なってゆく、みたいな。

 

プロフィール
蜂谷一人
1954年岡山市生まれ。俳人、画人、TVプロデューサー。「いつき組」「街」「玉藻」所属。第三十一回俳壇賞受賞。句集に「プラネタリウムの夜」「青でなくブルー」

公式サイト:http://miruhaiku.com/top.html

おすすめの記事