夏の季語「団扇(うちわ)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「団扇(うちわ)」を使った俳句一覧

  • 手枕の児にちからなき団扇かな / 井上井月
  • 我や先団扇にうごく袋かな / 加賀千代女
  • 若竹の老行果や団扇うり / 加賀千代女
  • たたむには団扇残りて夕涼 / 加賀千代女
  • しゆろの葉の団扇に涼し法師ぶり / 各務支考
  • 氷る田に団扇太鼓は打たれけり / 川端茅舍
  • 筆筒に団扇さしたる机かな / 河東碧梧桐
  • 河鹿足もとに鳴く庭石に団扇の飛んで / 河東碧梧桐
  • 冷奴団扇の色の五色かな / 久保田万太郎
  • 団扇のせし卓の一つや読書室 / 久保田万太郎
  • 夢をのみ語りつづけつ団扇手に / 久保田万太郎
  • 怪談に落ちの柄のつく団扇かな / 久保田万太郎
  • あきくさを描きし団扇ちらばれる / 久保田万太郎

夏の季語一覧

おすすめの記事