春の季語「花見(はなみ)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「花見(はなみ)」の解説

花見は、桜の花を愛でることをいいます。花見は、桜の花を単純に眺めるのみでなく、桜の花の下で楽しむ宴会のこともいいます。

春の季語「花見(はなみ)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

お花見(おはなみ)/花見客(はなみきゃく)/花の客(はなのきゃく)/花見衆(はなみしゅう)/花人(はなびと)/花の宴(はなのえん)/花の酒(はなのさけ)/花見酒(はなみざけ)/花見樽(はなみだる)/花の宵(はなのよい)/花の幕(はなのまく)/花床机(はなしょうぎ)/花の茶屋(はなのちゃや)/花見船(はなみぶね)/花の踊(はなのおどり)/花見扇(はなみおうぎ)/花見手拭(はなみてぬぐい)/花見笠(はなみがさ)/花見戻(はなみもどり)/花戻(はなもどり)

春の季語「花見(はなみ)」を使った俳句一覧

春の季語一覧



おすすめの記事