夏の季語「時鳥(ほととぎす)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「時鳥(ほととぎす)の解説

時鳥(ホトトギス)は、南方から五月の初夏に渡ってきて夏を日本に知らせる鳥のことをいいます。時鳥の初音を昔は待ちわびていました。

夏の季語「時鳥(ほととぎす)子季語・関連季語・傍題・類語など

初時鳥(はつほととぎす)/山時鳥(やまほととぎす)/名乗る時鳥(なのるほととぎす)/待つ時鳥(まつほととぎす)/田長鳥(たおさどり)/沓手鳥(くつてどり)/妹背鳥(いもせどり)/卯月鳥(うづきどり)/杜鵑(とけん)/杜宇(とう)/杜魂(ほととぎす)/子規(ほととぎす)/蜀魂(ほととぎす)/不如帰(ほととぎす)

夏の季語「時鳥(ほととぎす)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事