松根東洋城の俳句
  • のどけさに寝てしまひけり草の上
  • 春海の伊勢海老やトロリ葡萄酒煮
  • 渋柿の如きものにては候へど
  • 絶壁に眉つけて飲む清水かな
  • 黛(まゆずみ)を濃うせよ草は芳しき
  • 青梅をかむ時牙を感じけり
  • 武蔵野は十一月の欅かな
  • 秋薔薇や彩を尽して艶ならず
  • 梨の肉にしみこむ月を噛みにけり
  • いかなごに潜る鵜共や鯛の率
  • 稲荷お出も塩小路あたりものめきぬ
  • 熊突や爪かけられし古布子
  • 庭裏や木守の柿の冬夕
  • 早稲田の夜急にしぐれぬ漱石忌
  • 山風や夜落ちしとこ湖氷る




松根東洋城 プロフィール

松根 東洋城(まつね とうようじょう、1878年2月25日 - 1964年10月28日)

おすすめの記事