野村泊月の俳句
  • 屋根の上に人現れし野分かな
  • つやゝかに蔓の実さがる雪解かな
  • 凍解の径光りそむ行手かな
  • 春の山隼松を流れけり
  • 花供養雨やどりして待ちにけり
  • 指先を流るゝ如し種を蒔く
  • 懸葵しなびて戻る舎人かな
  • 水打って祭提灯ともしけり
  • 雨だれにこちたくゆるゝ擬宝珠かな
  • 一人立ち一人かゞめるあやめかな
  • 若鮠のそよと逃げたる夜振かな
  • お花畑行き交ふ人の白衣かな
  • 円虹に立ち向ひたる巌かな
  • 御来迎人々数珠を揉みにけり
  • 蓑敷いて長脛抱きぬ夜水番
  • 大根の供養のあとの法話かな
  • 大阿蘇の浮びいでたる花野かな
  • 春雨や寂光院の傘さして
  • 傘さして雑誌讀みゆく春の雨
  • 雪解の飯田の町の長さかな
  • 洗ひたる遍路の杖を床の間に
  • 鶯や亜米利加人に買はれゆく
  • 遅櫻一本ありぬ花の寺
  • 三方の花を見下ろす茶店かな
  • 前山の瀧細うして長きかな
  • 姉弟で守れる瀧の茶店かな
  • しきたりの山堂守へお中元
  • 御所車暫くとまる橋の上
  • 傾きて鳥居をくゞる神輿かな
  • 地主の子が來て興さめし涼みかな
  • 旅鞄あけて扇を出しにけり
  • またゝびの實をむさゝびが喰うて居る
  • 名物の遅筍や峰の寺
  • 笹の子のうす紫や小筆ほど
  • 瓜盗み來て泳ぎ食ふ乞食かな
  • どこまでも土塀ばかりや秋の暮
  • 屋根の上に人現れし野分かな
  • 石段を犬のぼりくる良夜かな
  • 月を見る又二三歩を移しけり
  • 母居ねばおとなしき子や秋の雨
  • 東西に別れて下る秋の山
  • 日出でて露一杯の花野かな
  • 屋根のある橋も渡りて紅葉狩
  • 塗駕の中ぞゆかしき草紅葉
  • かくれ家に帰ると金のとゞきし師走かな
  • 買物の妻に出逢ひぬ年の暮
  • 窓あけて見送つてゐる時雨かな
  • 二階より見下してゐる焚火かな
  • 河豚汁や無きに等しき我心
  • うで玉子むきつゝ來るや落葉道
  • 枯蘆の中あたたゝかき舟の路




野村泊月 プロフィール

野村 泊月(のむら はくげつ 1882年6月23日 - 1961年2月13日)



おすすめの記事