冬の季語「焼藷(やきいも)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「焼藷(やきいも)の解説

焼藷(焼芋)は、サツマイモを焼いた食べ物のことをいいます。寒くなれば、よく焼藷が売れるようになります。サツマイモは、琉球から薩摩に1705年に伝わりました。

冬の季語「焼藷(やきいも)子季語・関連季語・傍題・類語など

焼薯(やきいも)/焼芋(やきいも)/焼芋屋(やきいもや)/石焼芋(いしやきいも)/壺焼芋(つぼやきいも)/西京焼(さいきょうやき)/ほっこり/大学芋(だいがくいも)

の季語「焼藷(やきいも)」を使った俳句一覧

  • ふところの焼芋のあたたかさである / 尾崎放哉

冬の季語一覧



おすすめの記事