夏の季語「滴り(したたり)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「滴り(したたり)の解説

滴り(したたり)は、日陰になっている山の道などの苔や岩を糸のように細く伝って落ちる水のことをいいます。思わず滴りを手で受けて飲んだりします。

夏の季語「滴り(したたり)子季語・関連季語・傍題・類語など

涓滴(けんてき)/山滴り(やましたたり)/巌滴り(いわしたたり)/崖滴り(がけしたたり)/苔滴り(こけしたたり)

夏の季語「滴り(したたり)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事