秋の季語「零余子飯(むかごめし)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「零余子飯(むかごめし)」の解説

零余子飯(むかごめし)は、山芋の葉の根元にできる珠芽を薄く醤油で味をつけて炊き込んだ飯のことをいいます。細かく刻んだ紅しょうがや柚子の皮などと一緒に食べます。

秋の季語「零余子飯(むかごめし)子季語・関連季語・傍題・類語など

ぬかご飯(ぬかごめし)/ぬかご汁(ぬかごじる)/薯子飯(いもごめし)

秋の季語「零余子飯(むかごめし)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事