秋の季語「黍(きび)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「黍(きび)」の解説

黍(キビ)は、秋に収穫する五穀の一つであるイネ科の一年生の作物のことをいいます。米の替わりとして、昔は黍が食されましたが、栽培量が現在では少なくなっています。

秋の季語「黍(きび)子季語・関連季語・傍題・類語など

黍の穂(きびのほ)/黍刈る(きびかる)/黍引く(きびひく)/黍畑(きびばた)/黍団子(きびだんご)

秋の季語「黍(きび)を使った俳句一覧

  • 霧罩めて野水はげしやの伏し / 飯田蛇笏
  • あまりつよきの風やな遠花火 / 飯田蛇笏
  • の葉もそよぎて浦の朝茶哉 / 各務支考
  • 虚空より戻りての蜻蛉かな / 河東碧梧桐
  • 秋晴て葭より高き見ゆる / 河東碧梧桐

秋の季語一覧



おすすめの記事