秋の季語「啄木鳥(きつつき)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「啄木鳥(きつつき)」の解説

啄木鳥(キツツキ)は、キツツキ科の小げら、青げら、赤げらなどの鳥の総称のことをいいます。晩秋の雑木林などでは、目に付く色彩と、餌を採るときに木を叩く音が印象的です。

秋の季語「啄木鳥(きつつき)子季語・関連季語・傍題・類語など

木突(きつつき)/けらつつき/けら/番匠鳥(たくみどり)/木たたき(きたたき)

秋の季語「啄木鳥(きつつき)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事