秋の季語「鹿火屋(かひや/かびや)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「鹿火屋(かひや/かびや)」の解説

鹿火屋(かびや)は、猪や鹿から田畑を守るため、獣が嫌いな臭いを火を焚いて燻らせる鹿火の番小屋のことをいいます。鹿火屋では、一晩中、番人が大声を出したりしました。

秋の季語「鹿火屋(かひや/かびや)子季語・関連季語・傍題・類語など

鹿火屋守(かひやもり)

秋の季語「鹿火屋(かひや/かびや)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事