秋の季語「添水(そうず)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「添水(そうず)」の解説

添水(そうず)は、水を竹筒に引き込んで、この水の重みで、石などを傾いた竹が叩いて音が出るような装置のことをいいます。現在は、音を楽しむために庭園などに添水を設けています。

秋の季語「添水(そうず)子季語・関連季語・傍題・類語など

僧都(そうず)/ばったんこ/ばった/山田の僧都(やまどのそうず)/唐臼(からうす)/兎鼓(うさぎつづみ)

秋の季語「添水(そうず)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事