秋の季語「秋簾(あきすだれ/あきす)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「秋簾(あきすだれ/あきす)」の解説

秋簾(あきすだれ)は、立秋が終わってもまだ吊っている簾のことをいいます。秋簾の本意は、しまうのを忘れて風に揺れている侘しさ、あるいは夏を懐かしんで惜しむ心です。

秋の季語「秋簾(あきすだれ/あきす)子季語・関連季語・傍題・類語など

簾の名残(すだれのなごり)/簾外す(すだれはずす)/簾納む(すだれおさむ)/簾の別れ(すだれのわかれ)

秋の季語「秋簾(あきすだれ/あきす)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事