夏の季語「蝸牛忌(かたつむりき)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「蝸牛忌(かたつむりき)の解説

蝸牛忌は、明治時代、大正時代、昭和時代の小説家、随筆家の幸田露伴の七月三十日の忌日のことをいいます。幸田露伴は、文壇に「風流仏」で認められて、「天うつ浪」「五重塔」などの小説を書きました。

夏の季語「蝸牛忌(かたつむりき)子季語・関連季語・傍題・類語など

夏の季語「蝸牛忌(かたつむりき)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事