秋の季語「二百十日(にひゃくとおか)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「二百十日(にひゃくとおか)」の解説

二百十日は、立春から二百十日目のことをいいます。新暦では二百十日は九月一日頃になります。二百十日は稲が開花する時期に台風が多く到来するため、特に稲作農家は警戒しました。

秋の季語「二百十日(にひゃくとおか)子季語・関連季語・傍題・類語など

二百二十日(にひゃくはつか)/厄日(やくび)/前七日(まえなぬか)/風祭(かぜまつり)/風日待(かぜひまち)

秋の季語「二百十日(にひゃくとおか)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事