夏の季語「鮨(すし)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「鮨(すし)の解説

鮨(すし)は、もともと魚介類を塩蔵して保存するために自然に発酵したものをいいます。夏の暑さに馴鮓(熟鮓)に使う酢が耐えるため、鮨は夏の季語になります。

夏の季語「鮨(すし)子季語・関連季語・傍題・類語など

鮓(すし)/すもじ/箱鮓(はこずし)/柿鮓(こけらずし)/散し鮓(ちらしずし)/五目鮓(ごもくずし)/稲荷鮓(いなりずし)/信田鮓(しのだずし)/巻鮓(まきずし)/笹巻鮓(ささまきずし)/毛抜鮓(けぬきずし)/松の鮓(まつのすし)/握り鮓(にぎりずし)/飯鮓(いいずし)/早鮓(はやずし)/一夜鮓(いちやずし)/鮎鮓(あゆずし)/鮎の姿鮓(あゆのすがたずし)/鮒鮓(ふなずし)/釣瓶鮓(つるべずし)/宇治丸鮓(うじまるずし)/鯖の馴鮓(さばのなれずし)/ハタハタ鮓(はたはたずし)/鯖鮓(さばずし)/ばってら/昆布巻鮓(こぶまきずし)/松前鮓(まつまえずし)/雀鮓(すずめずし)/鱧鮓(はもずし)/鱒鮓(ますずし)/蛇の鮓(じゃのすし)/大阪鮓(おおさかずし)/ばら鮓(ばらずし)/あられ鮓(あられずし)/
鮓圧す(すしおす)/鮓漬ける(すしつける)/鮓熟れる(すしなれる)/鮓の石(すしのいし)/鮓桶(すしおけ)/鮓売(すしうり)

夏の季語「鮨(すし)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事