春の季語「雪囲とる(ゆきがこいとる)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「雪囲とる(ゆきがこいとる)」の解説

雪囲とるは、冬中、家や庭木を雪や風から守っていた囲いを取り去ることをいいます。光が家の中に戻って、気分が晴れ晴れとなります。

春の季語「雪囲とる(ゆきがこいとる)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

雪垣解く(ゆきがきとく)/雪除とる(ゆきよけとる)/冬構解く(ふゆがまえとく)/冬囲とる(ふゆがこいとる)/雪吊解く(ゆきづりとく)

春の季語「雪囲とる(ゆきがこいとる)」を使った俳句一覧

春の季語一覧



おすすめの記事