夏の季語「空蝉(うつせみ)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「空蝉(うつせみ)の解説

空蝉(うつせみ)(蝉の殻)は、蝉がぬけた殻のことをいいます。もともとは生身の人間の「現せ身」「現し身」という意味でしたが、空しいこの身の「空せ身」という意味になりました。

夏の季語「空蝉(うつせみ)子季語・関連季語・傍題・類語など

蝉の殻(せみのから)/蝉の蛻(せみのもぬけ)/蝉のぬけがら(せみのぬけがら)

夏の季語「空蝉(うつせみ)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事