夏の季語「独歩忌(どっぽき)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「独歩忌(どっぽき)の解説

独歩忌は、明治時代の小説家、詩人の国木田独歩の六月二十三日の忌日のことをいいます。詩人として「独歩吟」で認められた後、小説として「武蔵野」「牛肉と馬鈴薯」「忘れえぬ人」などを書きました。

夏の季語「独歩忌(どっぽき)子季語・関連季語・傍題・類語など

夏の季語「独歩忌(どっぽき)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事