夏の季語「油蝉(あぶらぜみ)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「油蝉(あぶらぜみ)の解説

油蝉(アブラゼミ)は、夏、最も普通にみられる約5.5センチの体長のセミの一種のことをいいます。翅は、油の染みたような紋がある赤褐色です。油蝉の成虫は、1週間、2週間の寿命です。

夏の季語「油蝉(あぶらぜみ)子季語・関連季語・傍題・類語など

蝉(せみ)/蝉時雨(せみしぐれ)/唖蝉(おしぜみ)/にいにい蝉(にいにいぜみ)/みんみん蝉(みんみんぜみ)/深山蝉(みやまぜみ)/熊蝉(くまぜみ)/蝦夷蝉(えぞぜみ)/姫春蝉(ひめはるぜみ)/初蝉(はつぜみ)/朝蝉(あさぜみ)/夕蝉(ゆうぜみ)/蝉涼し(せみすずし)/蝉捕り(せみとり)

夏の季語「油蝉(あぶらぜみ)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事