おんすう・音数【超初心者向け俳句百科ハイクロペディア/蜂谷一人】

俳句は十七文字の芸術とよく言われますが、誤りです。正しくは十七文字ではなく十七音。和歌が三十一文字(みそひともじ)と呼ばれることから生じた誤用でしょう。

 じゃんけんで子どもたちが遊んでいます。グーはグリコ。チョキはチョコレート。パーで勝てばパイナップル。音数だけ歩を進めます。私もよくやりました。グリコは3音でいいとして、チョコレートは6音だと思っていませんでしたか。正しくは5音。チョは一音。チヨと二音に数えたために生まれた間違いです。ではパイナップルは?6音が正解。俳句ではパイナツプルです。

音の数え方にはルールがあります。「ちゃ」「ちゅ」「ちょ」のような小さい「や行」がはいっているものは一音として数えます。「きゃ」「きゅ」「きょ」や「ぴゃ」「ぴゅ」「ぴょ」も同様。小さな「つ」も一音。「ん」は一音。伸ばす「―」も一音。ですから、アーノルドシュワルツネッガーは13音です。

 

プロフィール
蜂谷一人
1954年岡山市生まれ。俳人、画人、TVプロデューサー。「いつき組」「街」「玉藻」所属。第三十一回俳壇賞受賞。句集に「プラネタリウムの夜」「青でなくブルー」

公式サイト:http://miruhaiku.com/top.html

おすすめの記事