建部巣兆の俳句
  • 霜の聲閑屋の槌をうらみ哉
  • かへるさに松風きゝぬ花の山
  • 関の戸にほのほの見ゆる糸瓜かな
  • 我宿ハさくら紅葉のひと木哉
  • しはしとて袴おしぬくこたつ哉
  • 芹生にてせり田持ちたし春の雨
  • あたら菊をつますは花に笑れん
  • 晨明の月より春ハまたれけり
  • 芹生にて芹田もちたし春の雨
  • 夏の菊皆露かげに咲にけり
  • ひたひたと田にはしりこむ清水かな
  • いくとせも花に風ふく桜かな
  • 鶯の屋根から下る畠哉
  • 柞原薪こるなり秋の暮
  • 帆かけ舟朝から見えてはなの山
  • とくとくの水より青き若葉哉
  • いくとせも花に風吹櫻かな
  • さお姫の野道にたてる小はたかな
  • 馬かりて伊香保へゆかんあやめかな
  • 煤竹もたわめば雪の雀かな
  • 木の下やいかさまこゝは蝉ところ
  • 高ミから見ればはたらく案山子哉
  • 稲かけし老木の数や帰花
  • 花桶もいたゝきなれし清水哉
  • あし鴨の寝るより外はなかるべし
  • 大竹に珠数ひつかけし時雨かな
  • 啼け聞ふ木曽の檜笠で時鳥
  • 湯車の米にもなれて今朝の秋
  • 冬枯のなつかしき名や蓮台野
  • 時雨るゝや火鉢の灰も山の形り
  • 涼むなりかねつき坊が青むしろ
  • 爺婆ゝの有がたくなる木葉哉
  • こそこそと夜舟にほどく粽かな
  • はせを忌や笑ひあふたる破れ傘
  • 曲りこむ藪の綾瀬や行螢
  • 古郷やとうふ屋出来て春雨
  • 時鳥まだ見に来ずや角田川
  • 舟曳や五人見事に梅を嗅
  • 遠くから見てもおかれぬ桜かな
  • 二年子の大根の原やなく雲雀
  • はつ河豚や無尽取たるもどり足
  • ほし葉(ママ)釣壁をたゝけはかさかさと
  • 手拭で狐つらふ(う)ぞ花の山
  • 蓮の根の穴から寒し彼岸過
  • うそ鳴や花の霞の山中に
  • 梵論の行ふもとしづかに落葉哉
  • 名月や小嶋の海人の菜つミ舟
  • 谷へはく箒の先やほとゝぎす
  • 見し人の鍋かいて居る清水哉
  • 御寝ならば裾になりなん嶺の月
  • 訪るゝも訪ふも狭筵月一夜
  • 朝露や鶴のふみこむ藤ばかま
  • 春は猶曙に来る片鶉
  • 菜の花や染て見たひは不二の山
  • 萩咲て夫婦のこことかくれけり
  • 芦鴨の寝るより外はなかるへし
  • 時鳥まだ見に来ずやすみだ川
  • 酒のみをみしるや雪の都鳥




建部巣兆 プロフィール

建部巣兆(たけべ そうちょう)は江戸時代中後期の俳人



おすすめの記事