あきのの 秋の野【ワンランク上の俳句百科 新ハイクロペディア/蜂谷一人】

俳句とはなんでしょうか。絵本作家の五味太郎さんは、サッカーのボールのようなものと答えています。以下は五味さんが絵本のために書いた文章の一部です。

「言葉というものは、人間の、頭からか心からか、そこのところはよくわかりませんが、とにかく人間の中から出てくる、たとえばボールのようなものだとぼくは考えます。(中略)俳句とはその方法のひとつです。言葉のあるいは文字のボールに少し規則をもたせて、それゆえにボールをより強く、より鋭く、より魅力的に使おうとする方法です。(中略)そのほうがボールも幸せ、生き生きするだろうし、ついでに身も心も生き生きするだろうと考えるからです」

なるほどー。言葉を幸せにする方法、それが俳句だったのかあ。知らなかった。いいことを聞いた。そんな感じです。五味さんによれば、五七五とか、季語とか、俳句の決まりは言葉を生き生きとさせるために、あえて少し不自由にしておくルール。サッカーでは手を使ってはいけません、みたいなことらしいです。そんな五味さんの句を一句ご紹介しておきましょう。

秋の野に大きな車輪まわりゆく 五味太郎

秋の野は草花が美しく咲き乱れ、虫が鳴き、爽やかな風が吹くところ。そこを大きな車輪が回ってゆきます。何の車輪かはわかりません。そのことが却ってこの車輪を特別なものにしています。大きな車輪は澄んだ空気の中できらきらと輝きながら、進んでゆきます。野の光と花の色彩と、ごとごと言う車輪の音と、背景の虫の音と、吹く風の心地よさが感じられます。乗る人も見る人も幸せにする車輪です。どこまでも回りつづけ、秋の野をはみだして、この世の果てまで行ってしまいそうです。

 

プロフィール
蜂谷一人
1954年岡山市生まれ。俳人、画人、TVプロデューサー。「いつき組」「街」「玉藻」所属。第三十一回俳壇賞受賞。句集に「プラネタリウムの夜」「青でなくブルー」

公式サイト:http://miruhaiku.com/top.html

 

 

 




ワンランク上の俳句百科 新ハイクロペディア

 



おすすめの記事