冬の季語「茎漬(くきづけ)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「茎漬(くきづけ)の解説

茎漬(くきづけ)は、葉や茎がついた状態で塩に漬けた保存食のことをいいます。野沢菜、広島菜、京都の壬生菜、九州の高菜などが、茎漬としてはあります。

冬の季語「茎漬(くきづけ)子季語・関連季語・傍題・類語など

菜漬(なづけ)/葉漬(はづけ)/青漬(あおづけ)/古漬(ふるづけ)/近江漬(おうみづけ)/顔見世茎(かおみせぐき)/茎の桶(くきのおけ)/茎の石(くきのいし)/茎の水(くきのみず)/茎圧す(くきおす)

の季語「茎漬(くきづけ)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事