秋の季語「不知火(しらぬい)」を使った俳句一覧




秋の俳句自動作成

秋の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/autumn1/

秋の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/autumn2/

秋の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/autumn3/

秋の季語「不知火(しらぬい)」の解説

不知火は、陰暦の八月一日前後の深夜に、九州の八代海と有明海の沖に、火が無数に明滅して、ゆらめいて動くことをいいます。この不知火が景行天皇の筑紫巡幸のときに現れました。

秋の季語「不知火(しらぬい)子季語・関連季語・傍題・類語など

龍燈(りゅうとう)

秋の季語「不知火(しらぬい)を使った俳句一覧

秋の季語一覧



おすすめの記事