夏の季語「氷水(こおりみず)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「氷水(こおりみず)の解説

氷水は、雪のように氷を削って糖蜜をかける食べ物のことをいいます。現在は、甘味を練乳や果汁で付けて、抹茶、クリーム、小豆餡などを添えます。

夏の季語「氷水(こおりみず)子季語・関連季語・傍題・類語など

夏氷(なつごおり)/削氷(けずりひ)/かき氷(かきごおり)/甘露水(かんろすい)/氷あずき(こおりあずき)/氷金時(こおりきんとき)/氷じるこ(こおりじるこ)/氷いちご(こおりいちご)/氷レモン(こおりれもん)/氷宇治(こおりうじ)/氷蜜(こおりみつ)/みぞれ/氷店(こおりみせ)

夏の季語「氷水(こおりみず)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事