夏の季語「初蛍(はつぼたる)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「初蛍(はつぼたる)の解説

初蛍は、初めてその年に見られる蛍のことをいいます。蛍は、水辺で夏の夜に集団で冷たい光を明滅しながら飛び交います。

夏の季語「初蛍(はつぼたる)子季語・関連季語・傍題・類語など

蛍(ほたる)/蛍合戦(ほたるがっせん)/平家蛍(へいけぼたる)/源氏蛍(げんじぼたる)/姫蛍(ひめぼたる)/宇治蛍(うじぼたる)/石山蛍(いしやまぼたる)/守山蛍(もりやまぼたる)/蛍採(ほたるとり)/蛍火(ほたるび)/朝の蛍(あさのほたる)/昼の蛍(ひるのほたる)/夕蛍(ゆうぼたる)/宵蛍(よいぼたる)/雨の蛍(あめのほたる)/草蛍(くさぼたる)/大蛍(おおぼたる)/ほうたる

夏の季語「初蛍(はつぼたる)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事