夏の季語「薬狩(くすりがり)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「薬狩(くすりがり)の解説

薬狩は、端午の節句に薬草を摘むことをいいます。特別の効能が薬草はあるとされていました。この日は、野で女は薬草を摘んで、鹿を男は捕らえて鹿の袋角を薬にしました。

夏の季語「薬狩(くすりがり)子季語・関連季語・傍題・類語など

薬の日(くすりのひ)/薬草摘(やくそうつみ)/百草摘み(ひゃくそうつみ)

夏の季語「薬狩(くすりがり)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事