夏の季語「海酸漿(うみほおずき)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「海酸漿(うみほおずき)の解説

海酸漿(ウミホオズキ)は、海産の巻貝類が産む非常に丈夫で半透明の革質の卵嚢の総称のことをいいます。海水浴場や夜店などで、海酸漿を色染めしたものが売られています。

夏の季語「海酸漿(うみほおずき)子季語・関連季語・傍題・類語など

長刀ほおずき(なぎなたほおずき)/軍配ほおずき(ぐんばいほおずき)/とっくりほおずき/南京ほおずき(なんきんほおずき)

夏の季語「海酸漿(うみほおずき)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事