夏の季語「苔清水(こけしみず)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「苔清水(こけしみず)の解説

苔清水(こけしみず)は、清らかな苔の間を伝わって流れる水のことをいいます。岩の隙間から自然に湧き出る水、湛えられた水、流れる水です。

夏の季語「苔清水(こけしみず)子季語・関連季語・傍題・類語など

清水(しみず)/山清水(やましみず)/岩清水(いわしみず)/岨清水(そばしみず)/磯清水(いそしみず)/底清水(そこしみず)/門清水(かどしみず)/家清水(いえしみず)/寺清水(てらしみず)/庭清水(にわしみず)/浅清水(あさしみず)/涸清水(かれしみず)/草清水(くさしみず)/真清水(ましみず)/朝清水(あさしみず)/夕清水(ゆうしみず)/清水が源(しみずがもと)/清水影(しみずかげ)/清水掬ぶ(しみずむすぶ)/清水汲む(しみずくむ)/清水堰く(しみずせく)/清水茶屋(しみずぢゃや)

夏の季語「苔清水(こけしみず)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事