春の季語「曲水(きょくすい/ごくすい)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「曲水(きょくすい/ごくすい)」の解説

曲水(きょくすい)は、宮中で陰暦の最初の巳の日の三月上巳の日に行われた行事のことをいいます。現在は、京都の太宰府天満宮や城南宮などで行われています。

春の季語「曲水(きょくすい/ごくすい)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

曲水の宴(きょくすいのえん)/曲水の豊明(めぐりみずのとよあかり)/流觴(りゅうしょう)/盃流(さかずきながし)

春の季語「曲水(きょくすい/ごくすい)」を使った俳句一覧

春の季語一覧



おすすめの記事