春の季語「野蒜(のびる)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「野蒜(のびる)」の解説

野蒜(ノビル)は、畦や畑のまわりなどでよく目にするユリ科の多年草です。白色球状の鱗茎や若い葉を、生のままで食べたり、焼いたり、茹でたりして食べたりします。

春の季語「野蒜(のびる)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

山蒜(やまびる)/根蒜(ねびる)/沢蒜(さわびる)/小蒜(こびる)/野蒜摘む(のびるつむ)

春の季語「野蒜(のびる)」を使った俳句一覧

春の季語一覧



おすすめの記事