春の季語「田鼠化して鶉となる(でんそかしてうずらとなる)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「田鼠化して鶉となる(でんそかしてうずらとなる)」の解説

田鼠化して鶉となるは、七十二候のひとつです。陽暦の四月十日~十四日で、清明の第二候です。田鼠の意味はもぐら、鶉の意味はフナシウヅラです。

春の季語「田鼠化して鶉となる(でんそかしてうずらとなる)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

春の季語「田鼠化して鶉となる(でんそかしてうずらとなる)」を使った俳句一覧

春の季語一覧



おすすめの記事