春の季語「茶摘(ちゃつみ)」を使った俳句一覧




春の俳句自動作成

春の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/spring1/

春の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/spring2/

春の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/spring3/

春の季語「茶摘(ちゃつみ)」の解説

茶摘みは、新しいお茶の新芽を摘むことをいいます。茶摘みが始まるのは四月上旬からですが、最盛期は八十八夜以後になります。

春の季語「茶摘(ちゃつみ)」の子季語・関連季語・傍題・類語など

手始(てはじめ)/一番茶(いちばんちゃ)/二番茶(にばんちゃ)/三番茶(さんばんちゃ)/四番茶(よばんちゃ)/茶摘女(ちゃつみめ)/茶摘籠(ちゃつみかご)/茶摘唄(ちゃつみうた)/茶山(ちゃやま)/茶山時(ちゃやまどき)/茶摘時(ちゃつみどき)/茶摘笠(ちゃつみがさ)

春の季語「茶摘(ちゃつみ)」を使った俳句一覧

春の季語一覧



おすすめの記事