俳句キーワード:ラ行

俳句 ラ

<上・ら>

ラジオより
ラムネの栓
ランドセル
ランドセルに
ランナーを
落書も
落日の
落陽に
欄干に

<中・ら>

ラが恋をして
ラケットで打つ
ラジオのボリューム
ラジオ体操
ラムネの泡の
ランプみたいに
螺鈿の青の

<下・ら>

ラムネ味
ランドセル
来世かな
落花かな
落書きす

俳句 リ

<上・り>

りんりんと
立春の
立春や
両の手に
両親の
両隣
六花とは

<中・り>

リズムたのしく
リズムに合わせて
リュックサックを
リュックに詰めて
リュックのにおい
りんと残して
理由は多分
立春の文字
竜の息吹く
龍馬が背負う
両手に提げて
林檎剥く手に
凛々として
リボンを空に

<下・り>

リサイクル
りりしさは
りんりんと
理数系
陸上部
立夏かな
旅行する
旅行中
林檎色
凜となる
竜宮城
理髪店
漁師町

俳句 ル

<上・る>

るすばんも
留守に来て

<中・る>

留守預りし

<下・る>

流人の碑

俳句 レ

<上・れ>

冷凍庫
霊場の
恋愛の
蓮華草

<中・れ>

レシピそのまま
レモンに夜を
冷蔵庫掃除機
歴史が語る
歴史の匂う
列の後ろに
列の中なる
列を作って

<下・れ>

レストラン
レノンの忌
れんしゅうだ
連鎖する

俳句 ロ

<上・ろ>

路地にきて
廊下ゆく
老ふたり
老眼鏡
老母乗せ

<中・ろ>

路次のぬかるみ
路地をふさぎぬ
楼門仰ぐ
六年の字が
六年生が

<下・ろ>

楼の色
老移民
老詩人
老夫婦
六地蔵
六年を

おすすめの記事