冬の季語「小松菜(こまつな)」を使った俳句一覧




冬の俳句自動作成

冬の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/winter1/

冬の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/winter2/

冬の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/winter3/

冬の季語「小松菜(こまつな)の解説

小松菜(コマツナ)は、野菜として栽培されているアブラナの変種のことをいいます。小松菜の葉は、漬け物、汁の実、浸し物などに使われます。

冬の季語「小松菜(こまつな)子季語・関連季語・傍題・類語など

枯蓮(かれはす)/枯はちす(かれはちす)/蓮枯るる(はすかるる)/蓮の骨(はすのほね)/葉菜(はな)/かぶ菜(かぶな)/菘(すずな)/蔓菁(あおな)/まつ菜(まつな)/唐菜(とうな)/漬菜(つけな)/ゆで菜(ゆでな)/三河島菜(みかわじまな)/油菜(あぶらな)/体菜(たいな)/杓子菜(しゃくしな)/匙菜(さじな)/布袋菜(ほていな)/広島菜(ひろしまな)/鰹菜(かつおな)/信夫菜(しのぶな)/冬菜(ふゆな)/野沢菜(のざわな)/稲核菜(いねこきな)/おはづけ/田口菜(たぐちな)/雪菜(ゆきな)/すいぐき菜(すいぐきな)/日野菜(ひのな)/緋の菜(ひのな)/冬菜畑(ふゆなばた)/冬菜飯(ふゆなめし)/冬菜売(ふゆなうり)/菜洗う(なあらう)/菜屑(なくず)

の季語「小松菜(こまつな)」を使った俳句一覧

冬の季語一覧



おすすめの記事