夏の季語「鵜篝(うかがり)」を使った俳句一覧




夏の俳句自動作成

夏の俳句自動作成(上の句)

https://jhaiku.com/summer1/

夏の俳句自動作成(中の句)

https://jhaiku.com/summer2/

夏の俳句自動作成(下の句)

https://jhaiku.com/summer3/

夏の季語「鵜篝(うかがり)の解説

鵜篝(うかがり)は、魚を集めるために鵜飼をするときに焚く火のことをいいます。鵜飼は、鵜を操 って鵜匠といわれる漁師が鮎を獲ることです。

夏の季語「鵜篝(うかがり)子季語・関連季語・傍題・類語など

鵜飼(うかい)/鵜舟(うぶね)/鵜飼火(うかいび)/鵜松明(うたいまつ)/鵜匠(うしょう)/鵜遣(うつかい)/鵜縄(うなわ)/鵜籠(うかご)/荒鵜(あらう)/疲鵜(つかれう)/離れ鵜(はなれう)/徒歩鵜(かちう)/鵜川(うかわ)/海鵜(うみう)/川鵜(かわう)/姫鵜(ひめう)/鵜の鳥(うのとり)/島津鳥(しまずどり)

夏の季語「鵜篝(うかがり)」を使った俳句一覧

夏の季語一覧



おすすめの記事